審美歯科(歯冠補綴)

歯は白いのが本来の姿です。歯を本来の姿に戻すことにより、自信を持って笑ってみませんか?心が健康になるかもしれません。
歯冠色の被せもの(クラウン)や詰めもの(インレー)にはいくつかの種類があり、患者さんのご希望に適した材料をご提案いたします。

最先端の審美歯科診療が可能です

井荻歯科医院の歯科医師は、他院の歯科医師を対象にした この分野の多数の講演、講習を行っています。著書、論文も多く発表しており、我が国で最先端の審美歯科診療が受診可能です。

こちらをご覧ください

技工物の完全オーダーメイド

井荻歯科医院は技工室を併設しており、歯科技工士が常駐しております。歯科医師と歯科技工士の連携により、患者さんお一人お一人のお口の状態や歯の色、噛み合わせなどをオーダーメイドすることが可能です。

補綴物の種類

歯冠色クラウン(白い被せもの)

オールセラミックス(ジルコニアフレーム)


金属を一切使用しない二酸化ジルコニウムを主成分としたオールセラミックスクラウンです。
金属を原因とする歯肉の変色も発生せず、生体為害性もなく、審美的にもすばらしい現時点では最高のメタルフリー修復法です。ブリッジが可能です。

オールセラミックス(ガラスセラミックス)


金属を一切使用しない二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたオールセラミックスクラウンです。非常に見た目が良く、透明感もあり、変色しません。非常に高い耐久性を持っているので1本クラウンに最適です。

メタルセラミックス(メタルボンドポーセレン)


貴金属のフレームの上にポーセレンを焼付けたメタル+セラミックスの複合体のクラウンです。
ポーセレンの硬くもろい性質をメタルで補強し強度と耐久性を持たせています。単冠からブリッジまで広範囲に応用可能です。

ハイブリッドセラミックス前装冠(ゴールド+ハイブリッドセラミックス)


ゴールドのメタルフレームの上にセラミックス+高分子材料であるハイブリッドセラミックスを装着させたものです。経年的耐久性があります。ポーセレンほど硬くなく、天然歯に近いかみごこちの材料です。審美性は多少劣ります。

オールセラミックス(ハイブリッドセラミックスJ.C)


セラミックス(92.3%)と高分子材料(7.7%)の複合材のオールセラミックスクラウンです。ポーセレンほど硬くなく、生体適合性に富むかみごこちの良い材料です。審美性や経年的耐久性は多少劣ります。

審美歯科の価格はこちら

歯冠色インレー(白い詰めもの)

オールセラミックスインレー(ガラスセラミックス)


金属を一切使用しない二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミックスインレーです。非常に見た目が良く、透明感もあり、変色しません。非常に高い耐久性を持っています。

オールセラミックスインレー(ハイブリッドセラミックス)


セラミックスとプラスチックの複合材のセラミックスインレーです。色調、耐久性ともに優れていますが、ガラスセラミックスと比較すると多少劣ります。

審美歯科の価格はこちら

医院内でも材質の違いが確認できます(ティースギャラリー)

待合室に歯の修復のモデルをご用意いたしました。
保険適用治療では使用できる材料が限られていますが、自費治療は目的に応じて材料を選ぶことができます。ご来院の際に、保険適用と自費治療の材質の差を実際にご確認してみてください。