こども(乳歯列期・混合歯列期)の矯正治療

こどもの矯正治療は、いつから始めたらよいのか?こどもの矯正には、どんな治療が必要なのか?と悩まれるご両親も多いようです。

目的は大人の歯が全てはえ揃ったとき、正しいかみ合わせを作ること

こどもの矯正治療の目的は、大人の歯が全てはえ揃ったとき、正しいかみ合わせを作ることです。家を建てるときに基礎工事が大切なのと同様、こどもの矯正治療は、いわば土台作りのようなものです。歯は、顎(あご)や歯槽骨(しそうこつ)という土台の上はえてきますが、その顎(あご)や歯槽骨の大きさや位置に不正があると、正しいかみ合わせを確立できないことがあります。大人の歯がはえ揃ったとき、健康で美しいかみ合わせになるためには、土台をきちんと作っておく必要があります。

お子さんの矯正治療は、治療の開始時期が大切です

治療を開始する時期は、長期的な目線で、最適な時期に始めることが大切です。適切な開始時期とは、お子さんの顎(あご)や歯並びの状態、骨の成長などに加え、本人が歯並びをどのくらい気にしているか、なども加味して決めていきます。

矯正の専門医によるこどもの矯正治療は、「歯の生え変わり」を目安に第一期治療(乳歯列・混合歯列・永久歯列始め)、第二期治療(永久歯列)という二段階に分けて行います。

お子さんの矯正治療の流れ

第一期治療:
こどもの歯が、残っている時期(乳歯列期・混合歯列期)

顔や顎(あご)の成長が盛んな時期に、上下の顎(あご)のバランスを整えたり不正な位置にある歯を部分的に直す治療

第二期治療:
おとなの歯が、はえ揃った時期(永久歯列)

歯と顎(あご)の不調和がはっきりする時期に、歯並びの不正を直す治療

第一期治療(こどもの矯正治療)から行うと、

  • 不正咬合がこれ以上悪くならない可能性が高まる
  • 大人の矯正治療(永久歯列期の治療)が必要なくなる場合がある、または、必要であっても簡単な治療で済む場合があります。

しかし、顎(あご)や顔の成長は、個人差が大きく予測できないこともあるため、こどもの矯正治療を行ったからといって、必ずしも第二期治療(大人の歯の矯正治療)をしなくても済むというわけではありません。また、歯列のでこぼこ(叢生)だけが問題となる場合、第一期治療を必要としない場合もあります。お子様の矯正治療は、顔や顎(あご)の成長がおさまる(18~20歳)頃まで見計らった長期的な視点で開始時期を考慮する必要があります。

お子様の歯並びやかみ合わせが気になる場合には、小学校入学前(6~7歳頃)に一度、専門の矯正医にご相談することをおすすめします。

お子さんの矯正治療の進め方

1.矯正初診(矯正医との相談)

※一般歯科医、小児歯科医からご紹介される場合があります。

お子さんによって歯並びの状態は異なります。
こどもの矯正治療は、お子さんご本人、保護者の方、矯正医の三者が一体となって行わないと成功しません。保護者の方がお子さんの歯並びの問題を正しく認識し、矯正治療の目的をしっかり把握した上で治療を開始するために、どうぞ歯並びの悩みや、治療に関する疑問を何でもご相談下さい。

 

2.精密検査

大人の歯が不足している(先天欠損歯)、余分な歯が埋まっている(過剰歯)、将来萌出できない歯がある(埋伏歯)など、子どもの歯列は、見た目からはわからない問題が隠れていることがあります。安全な矯正治療を行うために下記の検査を行い、歯や顎、お顔の状態を細かく調べます。一般歯科医・小児歯科医が行う矯正治療の検査よりも詳細に行います。

  • 顔とお口の写真、
  • 頭部X線規格写真(顎の大きさや位置、歯の向きなどを調べます)
  • パノラマX線写真(歯の本数や生え変わりなどを調べます)などの撮影
  • 口腔模型の型取り
  • 必要に応じて、手のレントゲン写真(骨の成熟度を調べます)等も撮影します。

3.診断

検査結果にもとづいて、お子さんにとっての最適な治療開始時期、期間、費用、最善の治療方針をご提案いたします。第二期治療(永久歯列期の治療)の必要性についても説明いたします。お口の歯磨きの状態によっては、装置をつける前に、虫歯の治療、歯ブラシ指導を優先する場合があります。

4.第一期(乳歯列・混合歯列)治療の開始と調整

お子さんの不正咬合に応じた矯正装置を装着いたします。
その後、1~2ヶ月に1回程度、装置の調整を行っていきます。

5.保定装置の装着と観察

矯正治療後の歯並びを安定させるため、保定装置を使用します。
永久歯列が完成するまで、数ヶ月に一回程度、歯の生え変わりの観察を行っていきます。

色々なお子さんの歯並び

お子さんによって、歯並びやかみ合わせの状態は異なります。お子さんがどのような歯列不正なのか、保護者の方が把握しておくことは大切です。

歯のでこぼこ(叢生)

あごと歯のバランスが悪い、乳歯が早く抜けて奥歯がずれている、頬と舌の筋力のバランスが崩れているなどが原因で、歯列にでこぼこがある状態です。でこぼこの程度や原因によって、治療の開始時期、治療方法が異なります。でこぼこが著しい場合には、抜歯治療を含めた第二期治療(おとなの歯の治療)で直すこともあります。

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が大きく出ている状態です。前歯を打ってしまう危険があります。
上あごの成長が旺盛で、上の前歯が傾斜して出っ歯になる場合と、下あごの成長が弱くて出っ歯に見える場合があります。

受け口(反対咬合)

乳歯列(こどもの歯)の反対咬合

混合歯列(こどもの歯と大人の歯が混在)
の反対咬合

前歯が反対に咬んでいる状態です。舌が低い位置にある場合や、上あごの成長が弱い場合、下あごの成長が旺盛なことなどが原因にあります。

お子さんの矯正治療に使用する矯正装置

お子さんの歯並びやかみ合わせの状態によって矯正装置を選択します。単独で使う場合と、組み合わせて使う場合があります。なお、下記に示す装置は一例であり、他にも多くの矯正装置の中から最適な装置を選択して治療を行います。

歯のでこぼこ(叢生)に対する装置

部分的なマルチブラケット装置:2×4(ツーバイフォー)装置

奥歯2本、前歯2本にブラケット装置を部分的に装着します。単独で使用する場合と、ヘッドギアやフェイシャルマスクなどの装置と併用することがあります。歯列を拡大しながら、前歯のでこぼこを改善します。


拡大装置:取り外せるタイプの拡大装置・取り外せないタイプの拡大装置

大人の歯(永久歯)の萌出スペースが足りない場合だけでなく、上顎骨そのものや上顎の歯列が狭くて、奥歯が片方だけ反対に咬んでいる場合などにも使用されます。上顎骨そのもの、あるいは上下顎の歯列を拡げるための装置です。取り外し式と固定式があり、お子さんのかみ合わせに応じて選択します。

取り外せる拡大装置は、歯列のみが狭い場合に使用します。

取り外せない拡大装置は、上顎骨そのものが狭い場合に使用し口蓋に縫合部が広がります。

出っ歯(上顎前突)に対する装置

上顎顎外固定装置(ヘットギア)

ヘッドギア

口の中に装着したところ

機能的矯正治療:バイオネーター・フレンケル装置

下あごが小さいタイプの出っ歯に使用します。
下あごを前方に位置づけて、筋肉の働きを利用し下あごの成長を促します。

バイオネーター

受け口(反対咬合)に対する装置

上顎前方牽引装置(フェイシャルマスク)

上あごの成長が弱いタイプの反対咬合(受け口)のお子さまに使用します。上あごの成長を促す装置です。拡大装置、部分的なマルチブラケット装置(ツーバイフォー装置)と併用する場合があります。

フェイシャルマスク

筋機能訓練装置:ムーシールド

矯正装置がつけられない乳歯列期のお子さん、筋肉のバランスに不調和があるタイプの反対咬合(受け口)の早期初期治療に使用します。

ムーシールド

こどもの矯正治療Q&Aはこちら