歯科口腔外科

口腔外科について

口腔外科とは、お口のやその周囲の外科的な治療(手術)のことを言います。
井荻歯科医院で取り扱う疾患は、主に親知らずの抜歯、インプラントなど多種多様です。

親知らずとは

親知らずとは、奥歯の一番奥に生えてくる永久歯のことで、前から数えて8番目の歯です。
親知らずは退化傾向が強く、生える時期の極端に遅いのが特徴です。はじめからない人や、上下左右の4本がそろっていない人など個人差があります。

歯ぐきからほとんど出ている親知らずの抜歯

 

歯ぐきを切開したりせずにそのまま抜歯をします。術後の痛みや腫れも軽いことが多いです。

歯ぐきから少しだけ出ている親知らずの抜歯(半埋伏歯)

 

歯ぐきに隠れている親知らずの抜歯(埋伏歯)

 

歯ぐきを切開し、顎の骨を削ったりして抜歯します。少々難しい抜歯です。術後の痛みや腫れ、のどが痛いなどの症状が続くこともあります。

親知らずを抜歯した方が良い場合

  • 歯ぐきの腫れ、痛みを繰り返している
  • 食べ物がつまる
  • 手前の歯や親知らずがむし歯になった
  • 症状がなくても今後腫れる可能性がある
  • 矯正治療を考えている

歯根嚢胞の摘出

歯根嚢胞とは歯の根の奥に膿が溜まる病気です。

 

歯根の先端部分にできた嚢胞を摘出する場合に、嚢胞付近の歯ぐきを切開し、顎の骨を削り、歯根嚢胞を取り除きます。

インプラント

様々な要因により失ってしまったご自信の歯のかわりにチタン製の人工歯根を顎の骨に埋入し、その上に人工の歯を作る治療方法です。
詳しくはこちら

その他の疾患について

他にもさまざまな治療法があります。歯だけではなく粘膜(頬、口唇、舌)の疾患についても審査しますので、ご相談ください。