一般歯科

むし歯、歯周病、知覚過敏、咬合・咀嚼障害など、歯とお口に関する治療全般を行っています。

井荻歯科医院の治療コンセプト

患者さんの主訴やお痛みの緩和と不具合を解消し、患者さんのお口の情報を共有したうえでMITに根ざした治療プランをご提案します。

MIT(Minimum Intervention Treatment)とは

  • できるだけ歯を抜かない
  • できるだけ神経を抜かない
  • できるだけ削らない

という治療法です。従来の歯科治療では、大きく削り、神経を抜き詰め物をしていました。
この形の治療では最後には抜歯にいたるケースが多く、治療をすればするほど歯がなくなるという結果になっていました。
井荻歯科医院では、患者さんの歯をできるだけ残しながら虫歯や歯周病などの治療をいたします。

虫歯の分類

CO(要観察歯)

このまま進行するとむし歯になってしまう歯。
表面の白濁や、溝の着色が目安となります。

C1(う蝕症第1度)

歯のエナメル質に限局したむし歯。
冷たいものがしみる場合がありますが、痛みはありません。

C2(う蝕症第2度)

歯の内側の象牙質に到達したむし歯。
冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりした時に、しみたり痛んだりする段階です。

C3(う蝕症第3度)

歯髄(歯の神経)まで到達したむし歯。
歯髄が炎症を起こして、何をしなくても常にズキズキと激しい痛みが続きます。

C4(う蝕症第4度)

歯冠(歯の頭の部分)が崩壊して、根の部分が残った状態。
歯髄が完全に死んでしまうため痛みを感じなくなります。

初期むし歯(C0)の治療の例

ブラッシングによるコントロール

ご自身で上手に磨けるように、歯磨き指導を行います。

フッ素の応用

歯の再石灰化能力を高め、酸に強い歯を作るために塗布します。

小さいむし歯(C1・C2)の治療の例

コンポジットレジン

歯の色に合わせたプラスチックの詰め物。

インレー・クラウン

金属やセラミックなどの詰め物や被せ物。

大きいむし歯(C3・C4)治療の例

抜髄、根管治療

歯の神経を取り、根の中をきれいにします。

抜歯

健全な歯質が少なすぎる場合は歯を抜きます。

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣を支えにして橋渡しした修復物。

インプラント

失ってしまった歯の変わりに人工歯根を顎の骨に埋め込みます。

詳しくはインプラントについて

入れ歯

失ってしまった歯を補って見た目や機能を回復する修復物。

詳しくは入れ歯について

井荻歯科医院では、長期的なお口の中の健康維持を目的として、患者さんにとってより良い治療方法をご提案させていただきます。