入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)が当たって痛い、噛めない、落ちてくる、そんな悩みを持たれている方は多いはずです。そのような患者さんひとりひとりに合った入れ歯を提供できるよう、井荻歯科医院では保険の入れ歯だけではなく、設計や材料が選べる保険外(自費診療)の入れ歯も取り扱っております。

入れ歯の種類

保険義歯(レジン床)

一般的な保険診療の義歯です。強度や審美性はほかの義歯に劣ります。全体的に厚いです。

  

高強度義歯(プラスチック)

保険の義歯よりも強度のある材料を使用しているため、薄くて丈夫に作ることができます。

 

金属床義歯(コバルトクロムやチタンなど)

金属を使用しているため強度も十分あり、薄く作ることが可能です。また熱が伝わりやすいため、冷たいものや暖かいものをお口の中で感じとることができます。

 

新素材義歯

金属のバネを使わないため見た目が自然で、審美的に優れており、柔軟性があります。

 

赤色は自費診療です

価格表はこちら

入れ歯の取り扱いに注意しましょう

入れ歯安定剤に頼らないようにしましょう

入れ歯が合わないからといって、安定剤を多用するのはあまりよくありません。
安定剤を使用する前に、歯科医にしっかりと調整してもらいましょう。

熱湯消毒はいけません

消毒しようとして、熱湯をかけてしまうと、変形してしまいます。義歯洗浄剤や義歯洗浄液を使用しましょう。

義歯洗浄剤を使用しましょう

ブラシで磨いただけでは、細菌は落としきれません。洗浄剤を毎日使用し、細菌を溜めないようにしましょう。

入れ歯は割れ物です

入れ歯は割れやすいものです。落としたり、強い衝撃を与えたりしないよう、注意して取り扱いましょう。割れてしまったら、ご自身で接着せず、そのまま歯科医院へお持ちください。

歯磨き粉で洗わないでください

入れ歯が傷つき、細菌が溜まりやすくなります。カビが発生する原因にもなります。

義歯ケースを使用しましょう

ティッシュなどに包んでおくと、捨ててしまったり、壊してしまったりする原因になります。

寝るときははずしましょう

歯肉をやすめるため、寝るときは義歯を外すのが基本です。
しかし、個人差がありますので、必ず歯科医に確認するようにしましょう。

入れ歯は慣れること、そして歯科医による調整が大切です

入れ歯と上手にお付き合いするためには、慣れることがとても大切です。あきらめずに使用しましょう。
また、お口に合う入れ歯にするには、調整が欠かせません。不都合を感じるところを歯科医に調整してもらいましょう。痛みがあるからといって、ご自信で削ったりするのはやめましょう。

義歯のお手入れについて

義歯の定期的な検診にご来院ください。

井荻歯科医院ではグラグラする・外れてしまうという場合だけでなく、快適にお使いいただくために調整やチェックをいたします。また、同時に洗浄も行っております。お気軽にスタッフにお問い合わせください。