大人(永久歯列期)の矯正治療

矯正は子供のうちに・・・という意識があるようですが、
大人でも可能です

歯は、顔の一部です。歯並びは、口元とお顔全体の印象にも影響するため、悩みをお持ちの方は意外と多いものです。一昔前までは「矯正装置は目立つ、痛い・・」と言われてきたため、矯正治療をあきらめていた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近は使用される装置も改良され、患者様の歯並びに対する意識も高まり、幅広く行われるようになりました。また矯正治療は、大人になってからでも、けっして遅くありません。少しでも気になることがありましたら、専門の矯正医にぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

矯正治療の進め方

1.矯正医による初診相談

患者様ひとりひとり歯並びの悩みは異なります。
ご自分の歯並びの問題を認識し、矯正治療の目的をしっかり把握した上で治療を開始いたします。どうぞお気軽に歯並びの悩みや、治療に関する疑問をご相談下さい。

2.精密検査

安全な矯正治療を行うために下記の検査を行い、歯や顎(あご)、お顔の状態を細かく調べます。

顔とお口の写真

頭部X線規格写真(顎の大きさや位置、歯の向きなどを調べます)
パノラマX線写真(歯のレントゲン撮影)などの撮影を行います。

口腔模型の型取り

3.診断

検査結果にもとづいて、治療方針、期間、費用について等、詳細に説明いたします。お口の状態によっては、装置をつける前に、虫歯や歯周病治療、歯ブラシ指導を行う場合があります。

4.矯正治療の開始

矯正装置を1~2回に分けて装着します。その後、月に1回程度、装置の調整を行います。
矯正治療は、歯の移動の早さ、歯並びの不正の程度、抜歯するかしないか、治療方針などによって期間は異なりますが、通常1~3年ほどかかります。

5.保定装置

矯正治療後の歯並びを安定させるため、保定装置を使用します。数ヶ月に1回程度、来院いただき歯並びの状態を確認します。通常、保定期間は2~3年にわたります。

クリアタイプの保定装置(リテーナー)

ワイヤーによる保定装置(リテーナー)

大人(永久歯列期)の矯正治療で使用する主な装置

マルチブラケット装置

永久歯列(大人の歯)の矯正治療に使用する出井評的な装置です。個々の歯を動かして緊密なかみ合わせをつくることができます。当医院では金属・プラスチック・セラミックブラケットをご用意しております。ライフスタイルやご希望に合わせてお選びいただけますので、ご相談ください。

セルフライゲーションブラケット:デイモンブラケット

従来のメタルやセラミックの装置(ブラケット)の致命的な欠点であるブラケットとワイヤー間に生じる摩擦をゼロに近づけた治療方法です。必要最低限の力で歯を動かすことができるので、歯や歯周組織に優しく、従来の矯正治療より痛みが少ないというメリットがあります。また清掃性の高い装置なので衛生的です。

上顎:デイモンクリア 下顎:デイモン3の組み合わせ


デイモンクリア:目立たない透明な装置です。全員が装着しています。


デイモン3:ティーンエイジャーに最適な装置です。

セラミックブラケット

金属製ブラケット装置では金属部分が目立っていました。セラミックは食物色素で着色することもなく耐久性に優れています。歯の色調との相性もよく目立ちにくい装置です。

マウスピース型カスタムメイドの矯正装置

アソアライナー

マウスピースによる取り外しが可能な矯正装置です。この方法では、取り外しが可能なため、歯みがきがしっかりできる、矯正治療をしていることにほとんど気づかれないなどのメリットがあります。しかし上下の顎にずれがある場合や、抜歯が必要な場合など全ての症例に適応というわけではありません。

マルチブラケット装置(デイモンシステム)による治療例
(Dr.大村恵美子)

小臼歯4本を抜歯して行った治療

初診時年齢 19歳 女性
治療期間 2年2か月

抜歯せずに行った治療

初診年齢時 23歳4か月 女性
治療期間 1年5か月

大人の矯正治療Q&Aはこちら