感染予防対策

歯科診療室は、患者さんの唾液や血液などを伴った環境です。
井荻歯科医院では患者さんに安心して治療を受けていただけるよう、感染予防対策に取り組んでおります。

井荻歯科医院での感染予防対策

井荻歯科医院での感染予防対策は、あらゆる人の血液すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚および粘膜には感染症があると考えて取り扱う・・・という「標準予防策(スタンダードプレコーション)」という考えを基に、感染・非感染を分けて考えるのではなく、器具・器材を取り扱い次のような感染予防対策を実施しています。

ディスポーザブル(使い捨て)材料

衛生面を考慮し、紙バット・ヘッドレストカバー・紙エプロン・紙コップ・注射針・麻酔薬カートリッジ・メスの刃などは、患者さんごとにディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しています。

超音波洗浄機

歯を削る機械など、先端が細かく複雑な器具はたんぱく質分解酵素と超音波洗浄機を併用し汚染物質を除去・洗浄した後、消毒や滅菌処理を行っていきます。

ウォッシャーディスインフェクター

当院では、洗浄・消毒・乾燥を全て自動で行う機器を導入しております。 医療器具を確実に滅菌するためには、器具の洗浄および乾燥が非常に重要です。 ウォッシャーディスインフェクターの強い水流と高温での熱水消毒により、器具の汚染物の除去・消毒を行います。その後、医療器具を本機械の中で乾燥することにより細菌の繁殖を防ぎ、医療器具の再汚染リスクを低減させ、最終工程である滅菌をより確実なものとします。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

患者さんひとりひとりに使用する器具を個別にパッキングし、滅菌を行っています。
蒸気を使用するため、人体に有害な物質の発生がなく、安心・安全な方法で処理することができます。

除菌エアフィルター

治療に使用される空気(エアー)や水、患者さんがうがいをする水は全てフィルターに通され、除菌されておりますので、安心してご利用いただけます。